梅錦  「初搾り」純米酒 &「蔵開」 吟醸生原酒 (愛媛県四国中央市)
当店オリジナル梅錦へ   日本名門酒会オリジナル梅錦へ   梅錦商品一覧へ  日本酒トップへ  HOMEへ
 伝統的な酒造りをする各地の蔵では、昔ながらに冬の寒いさなかにお酒を仕込む「寒造り」が行われています。
凍えるような寒さの中、甑(こしき)がもうもうと湯気をあげ、ほのかに甘い麹の香りが漂う蔵の内で、
秋に穫れたばかりの新米で仕込まれた新酒が、次々にうぶ声をあげます。
 このできたて・搾りたてのお酒を、そのまま瓶詰めしたのが新酒生酒〈初しぼり〉です。
 しぼりたてのお酒のフレッシュ感をたいせつにするため、火入れをしない生酒のまま、瓶詰めします。
弾けるほど若々しく、荒々しくもある味わい。それでいて清々しく甘やかで華やかな香り。
まるで口中に一足早く、春が訪れたかのような香味が魅力です。
 盃を口に運んだ瞬間、花園のように爽やかで甘やかな香りに包まれ陶然とします。
口に含めばピチピチと跳ねるようなフレッシュさの中に、
甘やかさと、辛さ、そして後味にほろ苦さを感じとれるはず。


 

2018 梅錦 新酒しぼりたて 「初搾り」 純米酒
 


2018 年酒造年度、一番最初のしぼりたてです。
昨年から製造部長松井さんが率いる新体制となり二度目の冬を迎えました。
高知の銘醸蔵「美丈夫」の元杜氏・相原氏も造りに参画し今年もすばらしい新酒が期待できます。
造り手泣かせのお酒ですがその分他のお酒とは一味も二味も違った完成度の高いものとなるわけです。
フレッシュで華やかな新酒香と繊細でふくよかな味わいを楽しめる冬のシアワセ。
製法上、本数に限りがありますのでご予約のみの販売とさせていただきます。


【造り】純米生原酒      【原料米】玉栄(麹米)五百万石(掛米)   【精米歩合】65%    【酵母】協会9号   
 【アルコール分】14%    【日本酒度】+4   【酸度】1.8    【アミノ酸度】1.7
  

 1.8L   ¥2,450 (税抜)
 720ml   ¥1,340 (税抜)
 


2018梅錦 新酒しぼりたて 「蔵開」 吟醸生原酒
 


梅錦さんの今年一番の新酒です。はつらつとして元気いっぱい。
フレッシュでフルーティーな味わいはまさに冬の旬酒。
アルコール分18%少し高めです。ロックで飲んでも美味しいです。


【造り】吟醸生原酒      【原料米】玉栄   【精米歩合】58%    【酵母】協会9号   
 【アルコール分】18%    【日本酒度】+4   【酸度】11.7    【アミノ酸度】1.6
  



1.8L   ¥2,173 (税抜)
720ml   ¥1,087 (税抜)

Trademark and Copyright,2002,ishikawa-tomoichi-syoten.